東大阪市近隣での住まい探し、新築・中古戸建住宅、賃貸住宅、売土地、収益物件は不動産情報館におまかせください。

東大阪市近隣での住まい探し、新築・中古戸建住宅、賃貸住宅、売土地、収益物件は不動産情報館におまかせください。

HOME > 売りたい > 買い替えQ&A

売りたい 買い替えQ&A

Q&A

Q01. 不動産を売却したいのですがが、何からはじめればよいのか分かりません。
A01.
まずは信頼のおける私共にご相談ください。プロの目でご自宅を査定させていただきます。査定とは、その不動産がいくら位の金額で売れるか、売却予想価格を調べることです。
査定はもちろん無料です。センチュリーグループの豊富な近隣成約事例・基準地価・路線価格を調査の上、お客様へ的確な売却価格のアドバイスをさせていただきます。
お気軽にご相談ください。
売却のご相談・無料査定のご依頼

質問一覧に戻る

Q02. 査定を依頼すると売らなければならないのですか?
A02.
売る、売らないはお客さまの判断になりますので、参考にしていただくだけでも結構です。
とりあえずどのくらいで売却できるのか知りたいという方もお気軽にご依頼ください。
売却のご相談・無料査定のご依頼

質問一覧に戻る

Q03. 不動産の査定とは、実際にどういうことをするのですか?
A03.
査定は大きく分けて、簡易査定と現地査定があります。簡易査定はお部屋の確認は行なわず、法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮に入れて、おおよその査定価格を算出するものです。訪問査定は、実際にお住まいを訪問させていただき、お部屋の状態、リフォームの必要性等を確認してから、査定価格を出します。日当りや風通し、騒音等のチェックなども実際に確認しますので、より精度の高い査定価格になります。なお当社のメールによる無料査定は、簡易査定を行なっております。

質問一覧に戻る

Q04. 近所に知られないように売ることはできますか?
A04.
もちろん可能です。その場合は近隣へのチラシ広告などをせずに、購入を希望している情報館の豊富なお客さまの中から、条件の合う方にご紹介するなどのサポートを行ないます。また、インターネットでの広告は、興味のある方が見る媒体ですので、ご近所の方に知られにくいという特徴がありますので、インターネット広告を重視した販売活動を行なうようにします。

質問一覧に戻る

Q05. 売却時は査定価格で売らないといけないのですか?
A05.
必ずしも査定価格である必要はありません。しかし、査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場や長年蓄えたノウハウをもとに「この価格なら売れる」と思われる適正価格を算出したものです。査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要したり、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもあります。売りに出される金額は、担当者とよく相談して決定されることをおすすめします。

質問一覧に戻る

Q06. 売却時にかかる費用を教えてください。税金もかかりますか?
A06.
売却費用として「仲介手数料」「抵当権抹消費用」「契約印紙代」等がかかります。また売却によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります。(特別控除が受けられる場合があります)

質問一覧に戻る

Q07. 売却した代金はいつもらえるのでしょうか?
A07.
売却代金は、契約時と引渡し時の2回に分けて支払われるケースが一般的です。内訳は契約時に5〜10%位、引渡し時に残りが支払われます。契約から引渡しまでの期間は、不動産情報館の担当者が、売主さまと買主さまの間に入り調整いたします。

質問一覧に戻る

Q08. 販売活動とは、どのようなことをするのでしょうか?
A08.
情報館の購入希望のお客さまへのご紹介、近隣地域への新聞折込チラシ、各種住宅雑誌やインターネットへの掲載などを実施し、より条件の良い買主様をお探しいたします。
詳しくは「不動産情報館が売れる理由」をご覧ください。
不動産情報館が売れる理由

質問一覧に戻る

Q09. 売却のための広告費用などは、手数料とは別に負担しなければならないのですか?
A09.
原則としては、お支払いいただく必要はありません。ただし、お客さまのご要望により特別な広告を実施する場合等は実費をご負担いただく場合もございます。その際は、あらかじめ担当者からご説明させていただきますのでご安心ください。

質問一覧に戻る

Q10. 住みながら売却できますか?
A10.
もちろん可能です。ほとんどのお客さまは、住みながら売却を進めてらっしゃいます。この場合、購入希望者がいらっしゃれば、事前にご連絡の上でお住まいをご案内させていただくことがございますので、その際にはご協力をお願いします。

質問一覧に戻る

Q11. 家がかなり傷んでいます。リフォームする必要があるのでしょうか?
A11.
一般的には、リフォームの必要はありません。ただし、買い主の印象を良くすることで早期の売却が実現することもあります。情報館ではリフォームも承っておりますのでご相談ください。
リフォームのご案内

質問一覧に戻る

Q12. 家の買い替えにおいて、注意すべきことを教えて欲しい。
A12.
売却と購入のタイミングを揃えるのはとても難しいことです。特に新築物件の購入をご検討の場合、入居までの時間が長くかかりますので、すぐに売却してしまうと、仮住まいをする必要が出てきますので要注意です。しかし、逆に入居が近くなってから売却しようとすると、想定よりも販売価格を下げる必要がでたり、最悪、売却できずに購入代金が支払えないということも考えられます。情報館ではひとりひとりのお客さまに合った売却プランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

質問一覧に戻る

Q13. 要らない家具がありますが、売却時に処分しないといけませんか?
A13.
不動産を売却する場合には、空家の状態で引き渡すことが原則です。つまり不要品の処分は売主さまの負担となります。家具などの処分方法としては
  ・引越し時に引越し業者に引き取ってもらう
  ・リサイクルショップに売却する
などの方法があります。また、粗大ゴミ等の手配は時間がかかりますので、事前に準備しておく必要があるでしょう。

質問一覧に戻る

Q14. 買い替え先が完成する前に、自宅が売れた場合はどうしたらいいのでしょうか?
A14.
仮の住まいが必要なケースや、買主さまに引渡しをお待ちいただくケースなどがあり、一概には言えません。住まいの買い替えは、スケジュールの調整がとても重要ですので、事前に担当者と十分にお打合わせください。

質問一覧に戻る

Q15. 売却した場合、確定申告をしなければなりませんか?
A15.
売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要となりますので注意が必要です。申告の手続きは税理士に依頼することもできますが、ご本人でも十分可能です。

質問一覧に戻る

Q16. 少しでも高い価格で、有利に売りたいのですが?
A16.
ほとんどのお客さまが、少しでも高く売りたいと思っていらっしゃいます。高く売るためには、お客さまの不動産を高く評価していただける購入希望者を見つけることが重要です。不動産情報館では、ワイドな店舗ネットワークときめ細かな営業力で、より良い購入希望のお客さまを探すお手伝いをさせていただきます。

質問一覧に戻る

情報館がお客様の大切な資産売却をサポート!

売却までの流れ

ご相談から引渡しまで、不動産売却の流れを簡単にご説明いたします。

情報館がお客様の大切な資産売却をサポート!

情報館が売れる理由

売却は、売れる会社に頼みませんか?
情報館には売れる仕組みがあります。

買い替えサポートシステム

情報館では買い替えのための
サポート制度も充実!